So-net無料ブログ作成

「EDIUS Neo 2 Booster」 特別内覧会 [イベント]

仕事帰りに日本橋へ行った。ここも何だか駅ビル凄いな。フード店が多いので、家族連れでまた来ようかとチェックしたりした。まあ、そんなことはさておいて、カノープスの東京本部まで歩く。

DSC01028.JPG

着いたときはもう3時。仕事が押し気味だったのでカノプーのプレゼンは聞き損ねた。会場は小さなホールに席が50くらいかな。うっ、またもや人生の大先輩たちが一杯だ。FCSの時より、男臭くて、よりアダルトな会だった。今回はEdius Neoの新版のお披露目である。

DSC01029.JPG

聴講できたのは、日常生活では主にボケ役氏からだった。個人的には今回のハイライトかもしれない。なるほど、こういう声でこういう語りをする人なんだあ。学会なんかでもそうだが、有名人はまずお姿を生で見ることに意義がある。内容は前回のZoomaの解説そのもの。よく読んでなかったので、なるほどそういう意味かと理解できた。

次の浜谷大先生は微妙に遅刻・・・だったので、パナのプレゼンが前倒しされた(まあ、新宿Ediusの講座で遅れているのだから大義があるけど)。こっちはGH1の前振りとしてマイクロフォーサーズの説明から。パナの宣伝局長みたいな人が大阪からいらっしゃってた。まず、マイクロフォーザーズ知らない方~?の質問で結構な数の挙手が。え~、カメヲタの人生大先輩でありながら、ここで挙手するかァ。それからマイクロフォーサーズ~AVCHD Liteに至る、長い説明が始まり、最前列で思いっきり寝てしまった。

ああ、何か怒声が聞こえる、と目を覚ましたら、一人のユーザがGH1の720pファイルの扱いについて食ってかかっていた。いや、そう聞こえるのは東京10数年在住の自分の感覚であって、多分アレは大阪南部のフレンドリーな会話なのだろう。とはいえ、このままではセミナーが進まないので、お外で続きを、となる。 自分もパナプレゼン終了でタイムアウトだ。会場から出ると件の大阪さんが、まだやってるしw 感想文書きながら横目で見てたら、ようやく彼の主張がわかった。それは720pのLiteをEdiusでいじってBDに焼くとガタガタになるというもの。ユーザーでないので真偽のほどはわからないが、パナとカノプーの方とでこってりしたディスカッションが行われていた。まあ憎めない人物ではある。ちょっと未練を残しつつ先に席を立つ。

パンフと体験版。AVCHDのサクサク編集を見てみたいものの、正規版アンインストールがめんどくさいので多分やらないだろう。

DSC01033.JPG

DSC01034.JPG

お土産はこれ。水筒?まあ使えないことはないかな。

DSC01035.JPG

DSC01036.JPG

えーと、敢えて苦言を呈するなら、カノープス本部は無線LANは高速なものにしましょう。あるいは有線で。そしてプレゼン用レーザーポインタくらい用意しましょう。ホストとしてちょっと準備不足かと。


総本山は遠すぎて [ヨド]

  • マテ、総本山じゃ焼き討ちされそうじゃん。総本店だな。いずれにせよ、ビックを徹底的に打ちのめそうとしてるのは間違いないだろう。体力差で池袋を統べたのちには新宿でヨドと頂上対決かな。池袋は自分にとって年一回行くか行かないかの縁遠い土地なので今のところはどうでも良いけど、新宿ヨドの陥落だけは困るな。

  • あんまり遠いので帰りの川ヨドで妥協してきた。RX100の値段が147800+15Pとなってる。毎週5千円の下落。11/1までと札がついてるが、その後値上げできるわけもなく、このまま下げていくのだろう。狙い所はEX200登場時だな。ここまで来たら12月戦線まで引っ張ってみようかと。

  • BD-R DLの手持ちが切れたので物色。棚にはパナのパッケージが目立つ。P込み実質700円/枚と十分安いので、久しぶりに買ってみようかな・・・と手に取ったが、危ない危ない、1-2倍速品だった。この頃、HGモードとDRモードの差がわからないことに気がついて、1シリーズ1枚の方針ではあるが、毎日録画に追われる身としては毎回再エンコというわけにもいかない。パナの高速対応品は?と見るといいお値段がするし、BD-RE DLの品揃えは悪い。残念ながら今回も見送った。REならMax倍速とはいえ、高すぎるよね。

  • PCコーナーではCenturyの新型8インチ液晶もUSB3.0ドライブ/インターフェースもeSATApも置いてなかった。通販が確実ではあるが、何となくヨドで実物を見てから持ち帰りたいのよね。ここでも何も買わずに撤収。

VMware Fusion 3.0 update [Mac]

ネットワーク上から数クリックであなたのPC環境を仮想環境に簡単にインポートできます。Boot Camp や Parallels, Virtual PCは卒業して、スマートな方法に切り換えましょう。

Aeroと甘言に惹かれ、アップグレードダウンロード版をact2から購入。4600円から300円くらいのポイント引きなので衝動買いレベル。というか、カード情報まで入れて悩んでいたら、間違ってボタンを押してしまったのだな。

解凍後、早速インストール。とりあえず使いそうなOSというとこんな物か。

スクリーンショット(2009-10-29 21.12.41).png

グラフィックの向上が最大の改善点のはず、なのだが・・・

スクリーンショット(2009-10-29 21.27.59).png

えー、今現在、Windowsのシリアル聞かれたり、MacDriveが正規版でないと言われたりと、めんどい状況になってます。起動はすんごい時間かかるし、期待したほどではなかったかな。 次、Parallesいこか。


そろそろ欲しいと思っていたサブディスプレイ [PC]

巷ではUSB2.0接続ディスプレイが流行ってるが、やっぱ帯域的に逼迫してそうだし、死ぬほど遅そうだよね。ドライバ要るのも、なーんかバッティングしそうで嫌だ。そんな中、こ、これは魅力的じゃんと思った。

センチュリーplus one LCD-8000V
http://www.century.co.jp/products/pc/monitor/lcd-8000v.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091028_324845.html

何がヤバイって、8型SVGAのVGA接続、USB給電のポータブル仕様がまさにVAIO typeTのお供にピッタリ。しかも15000円って無茶低価格じゃね?視野角がちょっとばかり狭いが、素材置き場としてとっても有効そう。ポーチに入れて是非持ち歩きたい。撮影用途で使うには特殊なケーブルが必要なのと電源を何とかせにゃならんが、それはそれで工夫のしがいがありそうだ。マストバイやね。

lcd8000v_big.jpg

これが屍グッズになるパターンは考えにくいのだが、大丈夫だよな。最近ツイてないのでちょっと心配。


俺の屍を越えていけ<MG-P19022/N編> [PC]

えー、交換したばかりのMG-P19022/Nですが、結論から言うとMacBook Pro(2007 Summer)で動作しませんでした。もちろんオリオさんでの動作検証通り、不良品ではありません(VAIOでは認識できてしまいましたので)。このMBPはMacOS上でExpresscardをガン無視、Windows Vista 32bitでデバイスを認識したとたんにフリーズします。ハードウェア的にPCI-Eのブリッジに非対応なのかもと考えました。もしかして新しいMBPだったら対応してるのか?とイケナイ考えが頭の中をよぎったりします(笑)。

では製品紹介をば。本体はこれです。ネジ止め10個を外さないと中にアクセスできません。正直めんどいです。

IMGP6113.JPG

中はこんな感じ。小さな基板にPCIが2つ、PCI-E x1が2つ。

IMGP6116.JPG

ノートPCとはケーブルが直接つながったExpressCardで接続します。ドライバは不要。ボックス側のインターフェースはまんまDVI形状。ちなみにモニター挿すとどちらかが壊れると思われます。

IMGP6114.JPG

挿したのはRAIDのeSATAカード。1万円少々。

IMGP6120.JPG

端子が特殊な並びです。RJ-45もありますです。

IMGP6118.JPG

どっちが悪いのかわかりませんが、インストールするとこんな感じになります。ポートが2つ挿せない!(オイ)

IMGP6121.JPG

・・・良い供養になりました。しょうがないからオクに出そうかな。あ、もし、ここをご覧の方で欲しい方がいればお友達プライスでお譲りします。そうですね、8000~10000円くらいでどうでしょうか?誰かチャレンジャー求む。

痛みが喉元も過ぎぬうちに次の獲物を見つけてしまった。SunDisk Memorystick Pro-HG Duo 32GB。SxSアダプターには純正HG-HSしか保証してないみたいだけど、ここでも人柱になっていいのか?


工大祭研究室潜入編 [イベント]

続き。構内の直線道路では工大生の作品を楽しめるイベントあり。ウチの次世代当主に乗ってもらう。

DSC00945.JPG

低速だが、ちゃんと動力も乗ってる。Powered by AMDかどうかは定かでない。

DSC00949.JPG

研究室のクリスタルガラス

DSC00973.JPG

硬質なおかげか良い音が鳴る。

DSC00972.JPG

サイエンスに続く


近所の工大祭 [イベント]

ちょっと天気が悪かったが、学園祭に行ってきた。しばらく見ない間に駅前がサイバーな感じになってた。

DSC00939.JPG

内部はなかなかの盛況。しかも、ギャルが多い・・・工業大学のくせに生意気な(笑)。俺の学部なんてなあ、昔は男女比5~6:1とか酷いものだった(今は拮抗してるとか)。ちなみにビジターもいっぱい。老若男女に愛されていました。

DSC01259.JPG

お好み焼き250円。量の割に高価すぐる。

DSC00989.JPG

ボードウォークがオサレ。

DSC01272.JPG

野外コンサートとピアノコンサートは場所が隣接。講堂内にガンガン響くという・・・。

DSC00992.JPGDSC00995.JPG

ゴミも沢山出ます。

DSC00994.JPG

学内の掲示は推定50インチ超プラズマ。見た限り全てパナ提供。

DSC00967.JPG

昨年は農大の学祭に行ったけど、こっちの方が面白いな。 次回、工大フィロソフィー編に続く。


VCL-719BXS/Bとは何ぞや [XDCAM EX]

今回、置いてきぼりを食らった感のあるEX3であるが、交換レンズに活路を見いだそう。

VCL-719BXS/B
HDC-X300K, PDW-F335K付属のキヤノンOEMレンズ。

マウント方式 1/2インチバヨネットマウント

焦点距離 6.7~127mm
ズーム比 19倍(電動/手動切換え)
フォーカス オート/マニュアル切換え
質量 1.34kg(フード含む)
最大外形寸法(幅×高さ×奥行) 174×106×215mm

気になるのは焦点距離。
6.7~127mmに5.4を掛けて35mm換算36.2~685.8mm。更に見慣れたAPS-C換算(笑)で24.1~457.2mm。
EX3のフジノン14倍が5.8~81.2mm。35mm換算で31.4~439mm、APS-C換算で20.9~292.7mm。
ワイド端で少し狭いが、テレ端では685.8/439で1.56倍の差は結構違うよな。
更に倍率19倍 vs 14倍というのも大きい。

単体プライスを見つけられなかったが、
HDC-300Kの¥2,625,000、HDC-300Lの¥1,890,000から差額を計算すると、735000円。
PDW-F335Kの¥2,236,500、PDW-F335Lの¥1,659,000から差額を計算すると、577500円。
そんなに高価ではないみたいね。付属のアダプターが使えるのも財布に優しい。期待しておこう。

YH19x6.7KRSと同じか?ズームが粘り系なら買いかな。

yj19x9.jpg

というかこれか?4000ドル少々。

17-12-2006-canon_vcl-719bxs-small.jpg

PMW-EX1Rのカタログを読んでいたら、Picture Profileの項目に"Up to six different pictures can be saved on SxS memory card"ってある。もしかして新機能かな?ウチのEXたちはメディアに保存できないんだけど。


小物買い物 [ヨド]

仕事帰りにまたヨド。ただし今日は新宿。まず昼ご飯はルモンド。ヒレは安くて旨いよね。

DSC00926.JPG

ヨドに行く前に某ショップを2-3年ぶりにチェック。店の感じは相変わらずで、もはや芸風とも言える。今回、特に見るもの無かった。まあレンズの出物なんてそうあるものでもなし。

DSC00928.JPG

向かいを見ると、いつのまにやらソフが消失。もともとどんなビルだったかも忘れちゃったけど。

DSC00929.JPG

ヨドでは先日シュー部分の壊れたフラッシュHVL-F20AMを受け取った。全損扱いとなり新品交換で8200円くらい。パッケージ代を入れて9000円いかないとすると収益率高いね。

DSC00932.JPG

他は写真系小物。フィルターはケンコーZeta高けーよ。Pro1は49mmがないし、一番安いのは気分的にアレだしで、結局マルミにした。2700円くらい。ちょっと高かったかな。

DSC00930.JPG DSC00931.JPG

Macのフロアは新製品と旧製品の値下がりで活況を呈していた。その中でも27インチiMacは別格。羨望のまなざしが注がれてる、多分。i5/i7モデルは11月。待てるかなあ、俺。ポイントだけでほぼ買えちゃうのが悩ましい。

DSC00937.JPG

ヨメが某イベントでシルヴィー先生にレンズを見せたそうな。ああ、オタクさんと評されているよ、俺。まあ機器オタであるのは間違いないけどね。


いろいろ初体験してきました [ヨド]

  • 仕事帰りにヨド。RX100が11/1までで152800円+15P。先週から4千円ほど落ちた。いわゆる実質13万。当初の目標12万までもう少しかな。L70の売り値の低下を懸念するよりも買値の低下の方が早そうなので更に観察を続けることに。

  • メディアの方も量販店でも問題ないくらい安くなってきたね。BD棚に挟まれてDVD棚の方が窮屈そうだ。昨年の今頃はDVD棚の一角のBDを物色していたのは俺くらいだったので感慨深い。パナのお絵かきセットが付属するパッケージを欲しくなったが、レコと同時に買って割引して貰うんだ。今は我慢。

  • MacコーナーでiMac 27インチ C2D 3.06GHzを初チェック。客はペアレンタルコントロール下でしか操作できないようになっていたが、可能な限りでアプリを立ち上げてみた。店内なので蛍光灯の写り込みが眼に厳しいものの、画面横幅の広さは特筆すべきものだ。こりゃタイムライン置きやすそう。速度については普段使っているような重量級ソフトが入ってないので十分評価できなかったが、何よりCPU付きで隣の30インチCinemaより安いというのが不思議でしょうがない(笑)。

  • そして手にはMagic Mouse。あまりの平たさにパームが余ってしまい、最初は違和感を感じたが、マルチタッチをするにはこうする必要があるんだとすぐに理解できた。指一本を滑らせてブラウザで縦横にスクロールする新感覚がステキ(笑)。iPhotoでは二本指を滑らせて次の写真に飛べる。ちょっと手がつるものの面白い。残念ながらtouchでの拡大縮小みたいなのはできなかった。FCPだとどんな操作ができるのだろうか興味ある。

  • 帰り際にVAIO Lを見つけた。初めてマジマジと見たが、これもちょっとばかし目を惹くデザインだ。脚の部分に組み込んでるFelicaポートがステキ(笑)。が、さわり始めるとマウスがホントにありきたりで失望する。自分の中では今し方ホイールマウスが太古のデバイスとなったのだ。職場でも家庭でもホイールばかり回してて本当に嫌になる。24インチ画面はiMac並のツルテカだった。Macユーザーから見れば、BDは本当にうらやましいし、MS duoのスロットも個人的には重宝する。だけど背面のテレビチューナー端子とBCASのフタが超ダッセー。テレビ機能なんて要らないからVAIOはもっと引き算すべきだ。

  • そして自分、体験版も使ってないのでWindows7を初体験。普段PC雑誌も読まないので全くのド素人状態で触ることになった。SonyのUIが載ってるものの、上からWindowsのタブが降りてくると・・・やっぱりキモイ。スタートメニューから開いてみると今までとあんまり変わらないような。何でこんなに大騒ぎされてるんですかね。見かけならVistaが一番好きな俺は希少種なのか?Sonyが独自メニューで全部覆っているのがわかる気がしたよ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。