So-net無料ブログ作成

FCS2匹目~分散レンダリング編 [NLE]

先日参加したセミナーの割引特典が先月末までだった。悩んだ末にFCSのアップグレードパッケージを購入(27000円)。昨日AppleStore@クロネコ便で届いた。 これでようやくFCP複数立ち上げが可能になるわけだ。

IMGP2498.JPG

1年くらい前に購入したFCSのパッケージと見比べてみたが、製品番号は同じだし、冊子もDVD内のファイルも同様に見える。変化はないようだ。新しい方のパッケージは旧MacBook Proにインストールした。ちなみにDVD Studio Proはインストールから外した。だってもう終わったコンテンツ作成機だもの。

IMGP2505.JPG

やはりやってみたいのはQmaster分散レンダリング。

  • マシンはメインの新MacBook Pro(Core i7 2.66GHz)とサブの旧MacBook Pro(Core 2 Duo 2.4GHz)。
  • Qadministratorで新旧MBP2台を使いクラスター構成にする。
  • 接続は同じハブにぶら下がったGigabit Ethernet。
  • 素材は去年XDCAM EXで撮影した音楽会(24分)。
  • Comressorを使い、AppleTV用のH.264書き出しを試みる。

スクリーンショット(2010-08-01 4.31.14).png

まず2台のクラスターでレンダリング。Compressor上では24分のクリップが3分割されてる。オーディオと合わせて4つのタスクがある。

スクリーンショット(2010-08-01 4.39.02).png

新旧マシンはそれぞれ一本のタスクを処理してる。プログレスバーを見る限り、良い勝負だ。このあと自分は眠ってしまったが、多分残りのタスクを分け合って処理したのでないかな?

スクリーンショット(2010-08-01 4.39.02a).png

サブマシンのメニューからみるとこんな感じ。ファンがぶんぶん回って頑張ってます風。

スクリーンショット(2010-08-01 4.33.23).png

結果。2台の分散で約100分。元素材の4倍くらい。

スクリーンショット(2010-08-01 12.28.23).png

新MBP単独でもやってみた。こちらは150分余り。つまりは分散処理により、レンダリング時間が約2/3になるということ。先日の仕事なら30時間が20時間になるわけで、投資に対して悪くない出来だろう。

スクリーンショット(2010-08-01 12.29.02).png

もしXgridが利用できるなら、ウチのMacの台数からしてハードウェア処理並みのスピードになりそうなんだけどなあ。MPEGのライセンス関係でできないのかしらね。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。