So-net無料ブログ作成

デュアルブートMBP完成 [Mac]

3パーティション法の手順に従い、MBPへSnow LeopardとWindows7のインストールを試みる。再度整理すると

  1. 1パーティションのMacOSでBootcampアシスタントにより、内蔵HDDにFAT32領域を確保(32GB以上OK)。Winインストールはまだしない。

    DSC00684.JPG

  2. MacOSのDVDでブート。 ディスクユーティリティからMacのシステムが入ったパーティションのみを任意の大きさで2つに分割。計3つのパーティションとなる。この時点で起動できるシステムを消すので、データ退避を事前にやっておく事。

    DSC00682.JPG

    続けてMacOSを片方(上がベター?)のパーティションにインストール。データ用のパーティション(真ん中)はHFS+のまま。

    DSC00683.JPG

  3. WindowsOSのDVDでブート。

    DSC00685.JPG

    Win用に確保した領域(BOOTCAMPの名称)にインストール。このときWindows用のフォーマットも必要。

    DSC00688.JPG

    ウチはUSキーボードなので101/102の方。

    DSC00687.JPG

  4. WindowsOSを立ち上げる。すぐさまMacOSのインストールディスクを突っ込み、Appleが用意してくれているMacハードウェアのドライバをインストール。再起動。

  5. 完成。データ用の領域はFAT32でもNTFSでもHFS+でも問題ないはず。自分はMacDrive利用なのでHFS+のまま。

自分は1TBの領域をMacOS(HFS+) 266GB、データ用(HFS+) 466GB、WinOS(NTFS) 266GBに分割しました。ノート1TBはすごく余裕があって満足です(笑)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。